いじめに弁護士効果は非常に効果的!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

我が子がいじめに遭っていれば、親は一刻も早くそのいじめを止めたいと思うもの。

 

その方法はたくさんありますが、皆さんは弁護士の力を借りて効果的に解決するということが選択肢がありますか?

今回は、いじめの解決方法として弁護士の力を借りた時の効果について考えます。

いじめの解決に弁護士はどんな効果をもたらしてくれるのか?

 

我が子がいじめの被害に遭っている、その事実を知った時、親は一刻も早くそのいじめを止め、つらい状況から子どもを解放したいと思うものです。

しかし、いじめは子ども同士の問題なので、しかも学校の中で起こっていることですから、相談する相手がわからずに焦ったり、下手に大人が出て行けば逆効果になってしまうのではないかと考えたりしてしまうこともあります。

もちろん、担任をはじめとして学校の先生と信頼関係が築けていたり、教育委員会が相談しやすい雰囲気だと良いのですが、必ずしもそういう場合だけとは限りません。

 

そこで選択肢のひとつとして持っておきたいのが、弁護士の力を借りて効果的にその解決を目指すという方法です。

弁護士の力を借りると言うと、訴訟を起こすことを連想する方も多いかもしれませんが、弁護士が訴訟を起こすというのは、あくまで事態の解決を目指す1つの方法なだけであり、必ずその方法が取られるとは限りません。

むしろ、弁護士の力を借りれば、効果的にいじめを解決の方向に向けることができます。

 

そもそも、「一人のことを無視をする」「集団で一人の悪口を言う」という状況であれば、学校教育の範囲で、先生方の指導や教育委員会との協議に任せざるを得ないかもしれません。

 

しかし、例えば暴力や恐喝、名誉棄損、侮辱、窃盗、強盗、強制わいせつなどは「いじめ」である前に、犯罪行為であるという認識をもつことが必要です。

 

そういう状況にある時、弁護士は法的な根拠に基づいて、一緒に最も効果的な解決方法を考えてくれます。

 

その具体的な方法は、例えば学校や親に、法的に根拠のある書類でいじめの差し止めの請求をします。

 

 

時には、弁護士が親の代理人となっていじめをしている加害側の親や学校、教育委員会と交渉してくれることもあるでしょう。

 

私たちは日常生活を送る上で、弁護士から封書が届くという経験をすることはほとんどありません。

ですから、法的根拠に基づいて発せられる弁護士からの差し止め請求や加害者側への警告書は、それだけでも大きな効果が期待できるのです。

 

もちろん、いじめの内容が明らかな違法行為であったり、著しく子どもの人権を踏みにじっているものであるならば、弁護士が親の同意のもとで代理人となり、刑事告訴や損害賠償を請求する、という方法も取ることができます。

弁護士の力を借りていじめの解決を目指す、その効果とはやはり、法律的に根拠を持った行動をとることで、親や学校を動かし、早期に解決を図ることができるということに尽きるのです。

 

いじめの解決に弁護士の力を借りるのは過剰反応では?

そもそも日本においては、日本国憲法第11条で、公共の福祉に反しない限り、全ての国民が基本的な人権を有していることが定められています。

また、学校教育法では、第35条で、「他の児童に傷害、心身の苦痛または財産上の損失を与える行為」がある場合は、教育委員会が親に対して学校への児童の出席停止を命ずることができるとも定められています。

その他にも当然、刑法において傷害罪、暴行罪、脅迫罪、名誉毀損罪、侮辱罪、窃盗罪、強盗罪、強制わいせつなどは、犯罪として定められています。

これらの違法行為も、学校の中で行われると「いじめ」として一括りにして考えられることが多いものです。

担任の先生や、その他の先生とともに事態の改善を図ったり、教育委員会に相談した結果、事態が改善されるのであれば良いのですが、残念ながらそういう結果にならないこともあるのが現実です。

一括りに「いじめ」とされている違法行為から我が子を救おうする時、もしも学校や教育委員会への相談でも解決できなきなければ、弁護士の力を借りるのが効果的であることはすでに述べた通りです。

子ども同士の問題に、まして学校で起こっていることに弁護士の力を借りるのは大げさではないか、と考えてしまう方も多いかも知れません。

しかし、上で示した通り、「いじめ」として一括りにされているものの中には、法律で犯罪とされていることも多いのです。

そのような時に、法律の専門家である弁護士の力を借りて、効果的な解決を目指すことは、決して過剰なことではないのです。

最優先にすべきことは、「いじめ」と呼ばれている違法行為によって、我が子が辛い思いをしているという状況を、一刻も早く解決することです。

そのために、専門的なアドバイスを得たり、法的に根拠のある方法で違法行為をやめさせるため、法律の専門家である弁護士の力を借りることは、効果的な方法のひとつなのです。

 

いじめの問題に、弁護士はどう対応してくれるのか?

いじめの問題に対し、訴訟を起こすのでないのであれば、弁護士はどう対応してくれるのでしょうか。

まず弁護士は、いじめの詳細を把握するため、専門的な見地をもって親の相談を受けてくれます。

 

この時に、いじめと、それを相談した学校の対応などの内容や日時、診断書などの証拠があると、スムーズに話を進めることができます。

その上で、その「いじめ」が違法性のあるものなのか、違法性があるのならどのような手段で解決を目指すことが効果的なのかなどの助言をしてくれます。

その後、依頼者である親と弁護士が合意すれば、弁護士が代理人となって学校へのいじめ行為の差し止め請求や、いじめの加害者の親へ警告書を送付するという手段も取られます。

そして、それでも事態の改善が見られない時は、裁判を起こすことも視野に入ってきます。

もちろん、裁判を起こすのは依頼人である親の同意があって初めて可能となりますので、親の知らないところで裁判沙汰になるなんてことはあり得ません。

子どもが受けた「いじめ」によって心身に損害を受けたり、経済的な損害を受けた場合は、民事裁判によって損害賠償を請求することもできます。

そういう点で考えれば、不幸にも我が子がいじめを受けた結果、損害を受けた場合にその賠償を請求できるということも、弁護士がもたらしてくれる効果のひとつです。

 

いじめの問題に発揮される弁護士の効果~まとめ~

不幸にも我が子がいじめの被害者となってしまった時、弁護士の力を借りることでもたらされる効果についてまとめてきました。

「いじめ」と呼ばれる行為が、違法性を伴うものであるならば、弁護士の力を借りてその解決を目指すことは、決して過剰な反応ではないということがご理解いただけたと思います。

その期待される効果について、まとめてみましょう。

学校で行われているが故に、「いじめ」として扱われている行為の中には、往々にして違法行為である場合が多く、弁護士の力を借りることは、効果的に解決を目指す方法のひとつです。

もし「いじめ」として行われているものが違法なものであるならば、法的な効果を期待し弁護士の力を借りることは、決して過剰な反応ではありません。

弁護士は法的な見地を持って相談を受け、法的な助言を与えてくれます。

そして、代理人として法的根拠のある文書等によっていじめの差し止め請求や警告を行い、それでも解決できない場合は、依頼人である親の合意に基づいて裁判を起こすなど効果的な解決が期待できます。

いじめによって心身や経済的に損害を受けたのであれば、弁護士は親の代理人として損害賠償を請求することもできます。

いかがでしたか。

今回は、いじめの解決のために弁護士の力を借りることには、どのような効果が期待できるのかという視点で述べてきました。

何よりも、いじめによって愛しい我が子が悲しい事件や事故に巻き込まれないために、早期に解決することが重要です。

そのために、弁護士の力を借りるという考えも、効果を期待できる選択肢のひとつなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。