いじめ定義の見直し!2017文部科学省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年いじめの定義が文部科学省によって見直されました。

では文部科学省によって見直されたいじめの定義とはどんな内容になるのでしょうか。

新たに見直されたいじめの定義を見ながら考えて行きましょう。

 

2017年文部科学省が見直したいじめの定義

いじめの定義

本調査において個々の行為が「いじめ」に当たるか否かの判断は、表面的・形式的に行うことなく、いじめられた児童生徒の立場に立って行うものとする。

 

「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。」 なお、起こった場所は学校の内外を問わない。

引用:いじめの定義:文部科学省

 

 

受けた人がいじめとして思ったらそれはいじめになるということですね。

では文部科学省は一体どこを見直したのでしうか。それぞれ見て行きましょう。

 

 

2017いじめ 定義 見直し

①いじめがとまっている状態が継続(3カ月が目安)

②被害者が心身の苦痛を感じていないこと。

 

なぜ見直したのかというと2016年青森県の中学校で2年生の女子生徒がいじめを苦に自殺しました。

 

 

その時に女子中学生は教師にいじめを訴え、加害者を呼んで注意しました。

教師、学校側はそれで「いじめは解消した」と判断。

しかしいじめは続いていた。

 

わかりますよね学校の体質。

 

加害者に注意して「いじめが解消した」と認識するんですよ。

 

本当に考えられません。

 

その後、中学2年生の女子生徒へのいじめはより陰湿なものに変わっていき、

女子生徒はたった14年の人生に自ら幕を降ろしました。

 

勇気を出して教師に助けを求めた見返りが、

より陰湿ないじめとなって返ってくるとは中学2年生の女子生徒は思っても見なかったと思います。

 

あなたのお子さんが親に言いにくいから信頼している教師に意を決していじめを打ち明けてもいじめを助長するだけだったんです。

 

これで我が子をいじめから守れますか?

 

いじめられている子供の50%は誰にも相談できないでいます。

子供は親に気付いてほしいんです。

 

子供同士のふざけ合いもいじめ定義の対象に・・・

よく学校で見られるふざけ合いやいいじり合いもいじめ定義の対象になりかねません。

本人はいじってるつもりでも相手が少しでも嫌だなと感じればそれはいじめの定義によればいじめになります。

 

喧嘩なのか、いじり合いなのか、いじめなのか、今後見極めが非常に大事になって来ると思います。

 

 

 

子供のいじめ被害に合ってるサイン

中々子供はいじめの被害に合っていることは親に言わないということがわかりました。

ではどうしたらわが子がいじめの被害に合っているを見極めるのか。

 

2017年文部科学省がいじめの定義を見直したことにより、各学校に「いじめのサイン発見シート」を配布しました。

 

では「いじめのサイン発見シート」の内容を見て行きましょう。

 

いじめのサイン発見シート

一部抜粋したものですが1つでも当てはまることがあるのであれば注意深くお子様を見てください。

・携帯電話やメールの着信音におびえる

・学校の持ち物がなくなったり壊れたりしている・表情が暗く、家族との会話が減った

・理由をいわないアザや傷がある

いじめのサイン発見シートのダウンロードはこちらhttp://ymt.hs.plala.or.jp/yachi.kawakami-e/ijimesign.pdf

 

もし当てはまる項目がある時は率直に「いじめに合ってる?」と聞かないでください。

 

聞いても絶対にいじめられてるとは子供は言いません。

逆に「親には心配かけたくない」とよりいじめのサインを出さなくなる可能性が高いです。

*いじめに対する親の対処法はこちら

 

他には

・問い詰めて結論を急いだりしない。

・そんなの大したことが無い。

・いじめに負けるな頑張れ。

など。

 

まずは家庭に居場所をしっかり作ることが大切です。

 

もし子供のいじめについて悩みがある時はこちらで無料相談をしているので、是非相談して下さい。

学校や教師に相談は今現状止めて下さい。

学校や教師は隠ぺい体質があり身内の事しか考えていないことが非常に多いです。

過去のいじめ事件でも教師がいじめに参加していたという事実もありました。

 

とりあえず、国や地方自治体の教育機関で相談をするより、まずこちらで無料相談を強くお勧めします。

 

>>>24時間対応いじめ無料相談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。