茨城県取手市立藤代南中3年いじめ自殺事件の続報!ずさんな対応発覚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

2015年11月に起きたい茨城県取手市立藤代南中学校で起きた中3いじめ自殺事件。

 

 

教師・学校・教育委員会のずさんな対応が浮き彫りになったこの事件ですが、最近ではメディアでの報道も減っています。

 

 

ですがこの茨城県取手市立藤代南中学校3年いじめ事件に教師・学校・教育委員会のあらたなずさんな対応が明らかになりました。

 

 

新たに分かった考えられない対応とか?

 

茨城県取手市立藤代南中学校いじめ新たなずさんな対応

 

2015年11月いじめによって15歳という若さでこの世にたった中島菜保子さん。

 

同級生による壮絶ないじめによって自ら命を絶ちましたがその後の教師・学校・教育委員会の対応がずさんだったことはメディアによって取り上げられました。

*教育委員会の考えられない対応とは?

 

 

ここで新たに考えられない対応が判明しました。

 

それは最愛の娘が自ら命をたった数日後の出来事。

 

 

まだ自分の娘の死を受け入れることが出来ない両親の前に当時茨城県取手市立藤代南中学校教頭だった男性が訪問。

 

 

受験を控えた3年生ということを考えると、不慮の事故で亡くなったという形で話をさせてほしい。いろいろな意味での教育的配慮だ」

 

と中島菜保子さんの死を事故という形で公表したいという内容だった。

そのまま、中島菜保子さん死の真相は伝えることはしなかった。

 

 

この事件がメディアによって表に出てきたとき、取手市の教育委員会は記者の「なぜ、すぐに公表しなかったのか」という質問に「遺族の意向もあった」と答えました。

 

 

しかしこれを中島菜保子さんの両親は否定。

 

 

改めて教師・学校・教育委員会の隠ぺい体質が分かりましたよね。

身内を守るというより自分を守ることによる後手後手。

 

 

こんな体質の日本教育

 

 

本当に愛するわが子を預けられるのか心配です。

 

 

茨城県取手市立藤代南中学校いじめ事件の進捗

2017年9月27日現在藤代南中学校いじめ事件について

茨城県は新たな調査委員会を設置するための条例案を10月3日開会の県議会第3回定例会に提出することを決定。

 

 

中島菜保子さん死後、両親が取手市に調査委員会を設置するよう求め設置されたが知っているようにずさんな調査がおこなわれ「いじめはなかった」として報告していた。

 

 

しかし両親が文部科学省に取手市の第三者委員会による調査の中止を要請。

*両親が文科省に提出してからの詳しい流れはこちら。本当にあきれ返る内容です。

 

 

文科省の指導で半日で「いじめがあった」と訂正。

その後取手市の第三者委員会は解散し両親は2017年7月県に調査委員会を設置する様求めていた。

 

 

その審議が2017年10月に行われることが決定。

 

 

手続きがあるとしても時間がかかりすぎですよね。

 

調査委員会を設置する話し合いが決定するまで
3カ月かかっています。

 

 

文科省からの指導で報告を変えたように調査委員会も迅速に設置してほしいですね。

 

 

この取手市立藤代南中学校3年生いじめ自殺事件について続報が入り次第更新していきます。

 

関連記事

・取手いじめ事件の実態と教育委員会のメンバーとは?

・藤代南中学校でいじめ。加害者は?

・藤代南中学校でいじめ事件とは

・取手市教育委員会のずさんな対応

 

ある男子生徒のご両親の話

最近見るからに元気がない息子。理由に聞いても「何もないよ」とそっけない返事でした。

両親は心配しつつ様子を見ることにしました。

 

その後1週間口数も減って相変わらず元気がないまま。
理由も聞いても返事すらしなくなったそうです。

 

子供の状況に両親は担任教師に電話して学校の状況も聞くも毎日変わった様子が無いという返答でした。

ですがあれだけ活発に活動していた子供がこんなになるか?と、ますます心配になった両親は誰に相談も出来ないままネットで調査会社を見つけました。

 

意を決して無料相談。

両親は勇気は入りましたが調査会社に無料相談することにしました。

 

その後いじめは証拠を押さえないと終わらない、逆に告口をしたとエスカレートすることは必死。

ということでいじめ調査を依頼することにしたそうです。

 

ある日の放課後、調査員が尾行調査。そうする公園で同級生にプロレスごっと称し暴行受けている衝撃な場面に遭遇。

その場面を証拠として押さえ両親に報告

 

両親はショックを隠せませんでしたが息子を助ける為、息子に確認した所今までの事を打ち明けてくれたそうです。

 

今は証拠が無いと学校や教育委員会が動きません。むしろ隠蔽体質にある為うやむやにし加害者の行動もエスカレートしかねない為、弁護士に相談することを決意したそうです。

 

後日弁護士同伴で学校に加害生徒・親、学校、担任と面談し謝罪を受けたとのこと。

 

その後はいじめも無く息子も笑顔が戻ったそうです。

 

これは両親が子供の様子を見て行動した例になります。

 

今回いじめ調査をおこなった会社は原一探偵事務所になります。
メディアの行方不明者番組でも度々参加してる探偵事務所になります。

 

 

なぜは原一探偵事務所の例を出したか

原一探偵事務所がいじめ調査における実績トップクラスだからです。

 

まだ、いじめ専門に調査する探偵が日本にあまりなりのが現状で他にいじめを扱っている探偵もありますが絶対的に実績が少ないんです。

 

いじめは命に係わる問題です。実績が少ないから調べることが出来ませんでしたでは済まないんです。

 

また原一探偵事務所はいじめ調査が終了したらさようならでは無く、いじめ調査後の対応や弁護士紹介。

 

裁判まで発展しても安心できるサポートがあることから今回は例として出しました。

 

メディアにも調査協力

上記でも書きましたがテレビの行方不明者捜索番組や詐欺調査などの番組でも原一探偵事務所が協力しています。

 

テレビ番組でも紹介されるということはそれだけ信用がある探偵ということですよね。

 

テレビってなんだかんだで一番影響力のあるメディアなんです。

そんなメディアが適当な探偵事務所をテレビに出したら大問題です。

 

いじめ調査で実績を出している原一探偵事務所ですが電話やメールで無料相談もしてるんです。

子供のいじめについて相談していいですし、些細な事でも相談に乗ってくれます。

相談員からいじめ解決のヒントをもらえるかもしれません。

 

とにかく心配であれば1度相談をするべきだと思います。

 

悩んでいても解決しません。まずは行動すること。
行動することであなたや子供は救われます。

 

>>>原一探偵事務所公式サイト

 

原一探偵事務所の口コミ

 

20代女性
父親がいないので、私は夜の仕事をしています。それがクラスメイトからいじめられる原因になりました。毎日上の空で、学校へ行く足取りも思いので、何かあるのではと思い原一探偵事務所さんに調査を頼んだのです。

「将来はお前も水商売するんだろ」と休み時間にいじめられていたようです。職業に貴賤はないと、普通なら親が教育をするもの。親が親なら子も子だな、そう言いたくはありませんが相手の開き直る態度に腹立ちを隠せません。

平行線ですが、子供を守るために断固戦うつもりです。アドバイスを頂き助かりました。事務所の発展をお祈りします。

 

30代女性
スーパーから電話があった時は、「我が子が万引き?!」と頭が真っ白に。ところが店長から話を聞くと「万引きしないと仲間に入れてやらない」と脅されていたようです。その子達は逃げてしまって解らずじまい。

子供もクラスメイトの名前を言いません。店長さんが「いじめかも知れないですよ」の言葉に、原一探偵事務所に調査を依頼しました。帰りにランドセルを持たせたり、蹴ったり・・・酷いものでした。

証拠の写真も頂き、相手の親御さんと学校を挟んで話し合いをしています。悪質ないじめは犯罪にも繋がります。勇気を持って告発すべきだと思っています。

 

最初は探偵と聞く敷居が高い、いじめに探偵なんて大げさ料金が高いなんて先入観を持たれてる人が非常に多いと思います。

ですが実際に無料相談してみると同じ目線で親身になって話を聞いてもらえ、相談して良かったという意見が殆どでした。

 

そして息子を守りたいという母親の相談が「いじめによる自殺」「学校でのいじめ」「担任によるいじめ」など不祥事が起こるたびに相談が多くなるそうです。

 

それだけ子供がいじめに遭っているのでは無いかと不安に思っている人が多いなど思います。

 

原一探偵事務所は全国に18拠点有り日本全国の対応可能です。そしていじめ調査実績も豊富です。

先入観で相談を迷っているのであれば、子どもの為にすぐに行動して下さい。

 

 

>>>原一探偵事務所無料相談はこちら

 

 

あなたが一番望んでいる子供の笑顔の為に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。