福井中2いじめ自殺事件!加害者がまさか担任?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

またもいじめによる悲しい事件が発生してしまいました。

 

しかも今回の中2いじめ自殺の原因は教師によるいじめという考えられない実態でした。

教育者である教師が教え子の生徒を陰湿ないじめ。

 

そして自殺した日中学2年生自宅に訪れた校長が信じられない言葉を発言。

これが日本の教育に蔓延している実態なのか・・・

 

福井県池田町立池田中学校の中2の生徒自殺事件

 

事件は2017年3月に起きました。

 

福井県池田町立池田中学校に通う中学2年生の男子が
いじめを苦に自殺しました。

 

今回のいじめの加害者がなんと教師

 

担任と副担任の2人ということなんです。

 

考えられますか?教育者である教師がいじめを行い、自殺まで追い込むということが・・・

 

 

教育・指導とは思えないいじめ内容

 

 

 

 

宿題の提出が遅れただけ過度な叱責。

中2の男子生徒は生徒会役員をしていたが生徒会活動が遅れたということだけど叱責。

教師が土下座を中2男子の強要。

生徒はストレスによる過呼吸。

日々強く叱責されストレスを感じていたようです。

 

 

自殺の予兆

 

中2の男子生徒は生徒会の副会長を務めるなど責任感が有りやさしい生徒だった。

 

しかし2016年頃から学校で担任や副担任に強く怒られることを母親に相談。

 

母親が家庭訪問の際に担任に副担任を変えてくださいとお願いするも生徒と副担任を2人にしないことを約束する。

 

しかし、家庭訪問内容が副担任に筒抜け状態。

 

 

副担任が中2の生徒に直接

「私が悪いんでしょ」

と敵意むき出しで暴言。

 

 

この情報が副担任に筒抜けしている自体この教師は信用できないですよね。

そして担任もいじめのグルだったという事。

 

 

中2男子母親の「副担任変更」のお願いも上司である教頭、校長には報告していないということでしょうね。

 

報告していたとして校長でもみ消されていたでしょう。

 

全部で登校拒否は3回。

副担任変更の要望2回。

 

母親につらい気持ちを打ち明けていた。

 

自殺前日も副担任に宿題が出来ていないということで強く責められ、泣きながら過呼吸。

 

そして、午前8時、中学校の3階から飛び降りなくなりました。

ネットの声

 

 

考えられない校長の発言

 

中2の男子が自殺した次の日、校長が自殺した生徒の家に訪問しいじめなどのトラブルが無い事を告げ、家庭内トラブルではないかと考えられない発言。

 

そして一切の謝罪は無かった。

 

同日緊急の保護者会を開き、

「学校側は、現時点で、いじめや教師とのトラブルといった報告はない」

と発表。

 

 

校長が男子生徒の自宅に訪問した時の対応で分かりますよね、学校の隠蔽体質は全国共通。

 

 

自殺して悲しんでいる親御さんの前でそんな「家庭内のトラブル」なんて普通言えませんよね。

 

そして保護者会での学校でのトラブルでは無いから関係ないとも取れる発言。

 

これが日本の教育なんです。

 

いじめ事件が起きる度に教師・学校・教育委員会の隠蔽体質が問題になっています。

 

最近では茨城県取手市でのいじめ事件でも教師・学校・教育委員会の隠蔽体質が問題になりました。

茨城県取手市いじめ事件の詳細はこちら

 

 

保護者会の翌日、担任らから厳しい指導を受けた精神的ストレスによる自殺だったとする報告書を公表、謝罪。

 

 

ですが池田町教委は、専門機関での診察を受けていないため断定できないとしながらも「発達障害の可能性が想定される」との指摘。

 

これは本当にひどい。発達障害を持つ全国の子供たちとその親を馬鹿にした発言。

 

発達障害だから、追い込むまで叱責していいんでしょうか。

 

本当に腐ってる日本の教育が浮彫になっていますよね。

 

 

やっぱりいじめを知っていた校長と教頭

 

やはりという担任・副担任の男子生徒への尋常ではない叱責を把握していたことが判明。

 

そして校長・教頭だけでは無く、同僚や先輩も行き過ぎた指導を目撃していたことがわかりました。

 

 

確実に学校ぐるみ、そして学校全体での隠蔽があったとしか言いようがありません。

 

しかし堀口修一校長は15日の記者会見で「いじめを把握していなかった」とのうのうと報告していたんです。

 

今回はいじめの調査委員会がまとめで学校の実態をまとめた調査報告書57ページがあがっていますが、担任・副担任の憂さ晴らしに中2の男子生徒が使われたとしか考えられませんね。

 

 

 

 

 

自殺した中2の母親のコメント

教員によるいじめだと思う。

(過呼吸の事の)連絡があったら絶対に学校に行かせなかった。

毎日悔やんでいる。

ただ戻ってきてさえすればいい。ただそれだけです。

 

副担任の事は嫌がっていたが、担任までもがそんなにきつかったとは。

信じてすごく後悔している。

 

ご両親にとっては後悔しかないですよね。

 

あの時言っておけば、あの時学校を休ませておけば、あの時、あの時・・・

 

今後、両親は一生悩まされる、考えさせられることになると思います。

 

被害者やその家族は忘れることが出来ない事件なんです。

 

 

今や担任、学校、教育委員会はいじめから子供も守ってくれません。

 

関連記事

・教師が起こした盗撮事件、そして校長が取った行動に唖然

 

ある男子生徒のご両親の話

最近見るからに元気がない息子。理由に聞いても「何もないよ」とそっけない返事でした。

両親は心配しつつ様子を見ることにしました。

 

その後1週間口数も減って相変わらず元気がないまま。
理由も聞いても返事すらしなくなったそうです。

 

子供の状況に両親は担任教師に電話して学校の状況も聞くも毎日変わった様子が無いという返答でした。

ですがあれだけ活発に活動していた子供がこんなになるか?と、ますます心配になった両親は誰に相談も出来ないままネットで調査会社を見つけました。

 

意を決して無料相談。

両親は勇気は入りましたが調査会社に無料相談することにしました。

 

その後いじめは証拠を押さえないと終わらない、逆に告口をしたとエスカレートすることは必死。

ということでいじめ調査を依頼することにしたそうです。

 

ある日の放課後、調査員が尾行調査。そうする公園で同級生にプロレスごっと称し暴行受けている衝撃な場面に遭遇。

その場面を証拠として押さえ両親に報告

 

両親はショックを隠せませんでしたが息子を助ける為、息子に確認した所今までの事を打ち明けてくれたそうです。

 

今は証拠が無いと学校や教育委員会が動きません。むしろ隠蔽体質にある為うやむやにし加害者の行動もエスカレートしかねない為、弁護士に相談することを決意したそうです。

 

後日弁護士同伴で学校に加害生徒・親、学校、担任と面談し謝罪を受けたとのこと。

 

その後はいじめも無く息子も笑顔が戻ったそうです。

 

これは両親が子供の様子を見て行動した例になります。

 

今回いじめ調査をおこなった会社は原一探偵事務所になります。
メディアの行方不明者番組でも度々参加してる探偵事務所になります。

 

 

なぜは原一探偵事務所の例を出したか

原一探偵事務所がいじめ調査における実績トップクラスだからです。

 

まだ、いじめ専門に調査する探偵が日本にあまりなりのが現状で他にいじめを扱っている探偵もありますが絶対的に実績が少ないんです。

 

いじめは命に係わる問題です。実績が少ないから調べることが出来ませんでしたでは済まないんです。

 

また原一探偵事務所はいじめ調査が終了したらさようならでは無く、いじめ調査後の対応や弁護士紹介。

 

裁判まで発展しても安心できるサポートがあることから今回は例として出しました。

 

メディアにも調査協力

上記でも書きましたがテレビの行方不明者捜索番組や詐欺調査などの番組でも原一探偵事務所が協力しています。

 

テレビ番組でも紹介されるということはそれだけ信用がある探偵ということですよね。

 

テレビってなんだかんだで一番影響力のあるメディアなんです。

そんなメディアが適当な探偵事務所をテレビに出したら大問題です。

 

いじめ調査で実績を出している原一探偵事務所ですが電話やメールで無料相談もしてるんです。

子供のいじめについて相談していいですし、些細な事でも相談に乗ってくれます。

相談員からいじめ解決のヒントをもらえるかもしれません。

 

とにかく心配であれば1度相談をするべきだと思います。

 

悩んでいても解決しません。まずは行動すること。
行動することであなたや子供は救われます。

 

>>>原一探偵事務所公式サイト

 

原一探偵事務所の口コミ

 

20代女性
父親がいないので、私は夜の仕事をしています。それがクラスメイトからいじめられる原因になりました。毎日上の空で、学校へ行く足取りも思いので、何かあるのではと思い原一探偵事務所さんに調査を頼んだのです。

「将来はお前も水商売するんだろ」と休み時間にいじめられていたようです。職業に貴賤はないと、普通なら親が教育をするもの。親が親なら子も子だな、そう言いたくはありませんが相手の開き直る態度に腹立ちを隠せません。

平行線ですが、子供を守るために断固戦うつもりです。アドバイスを頂き助かりました。事務所の発展をお祈りします。

 

30代女性
スーパーから電話があった時は、「我が子が万引き?!」と頭が真っ白に。ところが店長から話を聞くと「万引きしないと仲間に入れてやらない」と脅されていたようです。その子達は逃げてしまって解らずじまい。

子供もクラスメイトの名前を言いません。店長さんが「いじめかも知れないですよ」の言葉に、原一探偵事務所に調査を依頼しました。帰りにランドセルを持たせたり、蹴ったり・・・酷いものでした。

証拠の写真も頂き、相手の親御さんと学校を挟んで話し合いをしています。悪質ないじめは犯罪にも繋がります。勇気を持って告発すべきだと思っています。

 

最初は探偵と聞く敷居が高い、いじめに探偵なんて大げさ料金が高いなんて先入観を持たれてる人が非常に多いと思います。

ですが実際に無料相談してみると同じ目線で親身になって話を聞いてもらえ、相談して良かったという意見が殆どでした。

 

そして息子を守りたいという母親の相談が「いじめによる自殺」「学校でのいじめ」「担任によるいじめ」など不祥事が起こるたびに相談が多くなるそうです。

 

それだけ子供がいじめに遭っているのでは無いかと不安に思っている人が多いなど思います。

 

原一探偵事務所は全国に18拠点有り日本全国の対応可能です。そしていじめ調査実績も豊富です。

先入観で相談を迷っているのであれば、子どもの為にすぐに行動して下さい。

 

 

>>>原一探偵事務所無料相談はこちら

 

 

あなたが一番望んでいる子供の笑顔の為に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。