青森県東北町中1いじめ自殺事件に真実が発覚!隠蔽が止まらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

2016年青森県東北町で町立中学校に通う中学1年生の男子生徒がいじめを苦に自殺しました。

 

 

ご存じの方も多いと思います。

 

 

その青森中1いじめ自殺事件に2017年11月30日あらたな事実が判明しました。

この新たな事実は教師、学校、教育委員会の隠蔽体質を浮き彫りになるものだと思い知ることになりました。

 

 

 

青森県東北町で起きた中学1年生いじめ自殺事件

 

この事件は2016年8月19日に起きました。

 

当時、東北町立中学校に通っていた中学1年生の男子生徒がいじめを苦に自宅の小屋で自殺しました。

 

 

遺書にもいじめられていたという旨が書かれていた。

 

 

しかし、8月26日に行った学校の記者会見では学校、教育委員会のお決まりの

 

「対応に問題はなかった」

 

本当にお決まりの言葉ですよね。

 

学校の指導は問題なかった、いじめはなかった。

 

そしていじめの報告書に対しても両親・被害者と学校の意見が食い違う事ばかり。

 

ここも今までのいじめ事件の学校の対応と変わりありません。

 

 

 

青森中1いじめ自殺事件の校長は月命日にとんでも発言

 

被害者が通っていた学校の校長と担任が中1の男子生徒の仏壇に焼香を上げに来た時に、被害者の母が「息子はパソコンが大好きだった」と話すと校長が「私もパソコンで馬券を買ってます」とんでもない発言をしたそうです。

 

 

いじめを苦に自殺した被害者の仏壇と被害者の両親の前でパソコンで馬券を買っているという発言は誰が考えてもおかしいですよね。

 

 

別にパソコンで馬券を買うことが悪いと言っている訳では全くありません。

 

 

なぜ、いじめを苦に自殺した生徒の校長が仏壇の前で馬券の話をするのかが問題なんですよね。

 

反省や真剣にいじめ調査をしているとは考えがたい発言ですよね。

 

 

 

青森中1いじめ自殺事件の新たな事実が判明

 

 

被害生徒が自殺する3カ月前に全校生徒を対象としたいじめアンケートを実施。

 

そのアンケートに被害生徒はいじめを受けているということをアンケートに記載。

アンケートにいじめられていると書いている姿を両親も目撃していたとのこと。

 

 

しかし、第三者委員会の調査ではすでにそのアンケートは破棄されていたという事実が発覚されました。

 

 

文部科学省では今年3月にガイドラインを定め、いじめに関する文書の保存期間を「少なくとも5年」と定めていたが、アンケート実施はガイドラインを定める前だったが1年も保管しないで破棄とは到底考えられないですよね。

 

いじめが有り学校に不利な事が書いてあった為、破棄した以外には考えにく。

 

 

学校は「いじめを訴えた生徒はいなかった」「破棄した時期も分からない」と説明しているが、被害生徒はいじめを受けていると明記していることが学校の「いじめを訴えた生徒はいなかった」というのは隠蔽の何ものでもありません。

 

 

 

青森県東北町中1いじめ自殺事件~まとめ~

 

今回も学校の隠蔽体質が明らかになったこのいじめ事件。

 

 

上記でも話した通り最初の記者会見では「対応に問題はなかった」と話した結末がこれです。

 

 

いじめ事件が発生する度に起きる教師・学校・教育委員会の隠蔽体質。

全員ではありませんがまだまだ教師・学校・教育委員会は信じられないのが実態です。

 

 

我が子を守るはずの教師・学校・教育委員会がいじめを見て見ぬふり、それどころか事実をなすり合い、責任転換。

 

 

あなたのお子さんは大丈夫ですか?

ある男子生徒のご両親の話

最近見るからに元気がない息子。理由に聞いても「何もないよ」とそっけない返事でした。

両親は心配しつつ様子を見ることにしました。

 

その後1週間口数も減って相変わらず元気がないまま。
理由も聞いても返事すらしなくなったそうです。

 

子供の状況に両親は担任教師に電話して学校の状況も聞くも毎日変わった様子が無いという返答でした。

ですがあれだけ活発に活動していた子供がこんなになるか?と、ますます心配になった両親は誰に相談も出来ないままネットで調査会社を見つけました。

 

意を決して無料相談。

両親は勇気は入りましたが調査会社に無料相談することにしました。

 

その後いじめは証拠を押さえないと終わらない、逆に告口をしたとエスカレートすることは必死。

ということでいじめ調査を依頼することにしたそうです。

 

ある日の放課後、調査員が尾行調査。そうする公園で同級生にプロレスごっと称し暴行受けている衝撃な場面に遭遇。

その場面を証拠として押さえ両親に報告

 

両親はショックを隠せませんでしたが息子を助ける為、息子に確認した所今までの事を打ち明けてくれたそうです。

 

今は証拠が無いと学校や教育委員会が動きません。むしろ隠蔽体質にある為うやむやにし加害者の行動もエスカレートしかねない為、弁護士に相談することを決意したそうです。

 

後日弁護士同伴で学校に加害生徒・親、学校、担任と面談し謝罪を受けたとのこと。

 

その後はいじめも無く息子も笑顔が戻ったそうです。

 

これは両親が子供の様子を見て行動した例になります。

 

今回いじめ調査をおこなった会社は原一探偵事務所になります。
メディアの行方不明者番組でも度々参加してる探偵事務所になります。

 

 

なぜは原一探偵事務所の例を出したか

原一探偵事務所がいじめ調査における実績トップクラスだからです。

 

まだ、いじめ専門に調査する探偵が日本にあまりなりのが現状で他にいじめを扱っている探偵もありますが絶対的に実績が少ないんです。

 

いじめは命に係わる問題です。実績が少ないから調べることが出来ませんでしたでは済まないんです。

 

また原一探偵事務所はいじめ調査が終了したらさようならでは無く、いじめ調査後の対応や弁護士紹介。

 

裁判まで発展しても安心できるサポートがあることから今回は例として出しました。

 

メディアにも調査協力

上記でも書きましたがテレビの行方不明者捜索番組や詐欺調査などの番組でも原一探偵事務所が協力しています。

 

テレビ番組でも紹介されるということはそれだけ信用がある探偵ということですよね。

 

テレビってなんだかんだで一番影響力のあるメディアなんです。

そんなメディアが適当な探偵事務所をテレビに出したら大問題です。

 

いじめ調査で実績を出している原一探偵事務所ですが電話やメールで無料相談もしてるんです。

子供のいじめについて相談していいですし、些細な事でも相談に乗ってくれます。

相談員からいじめ解決のヒントをもらえるかもしれません。

 

とにかく心配であれば1度相談をするべきだと思います。

 

悩んでいても解決しません。まずは行動すること。
行動することであなたや子供は救われます。

 

>>>原一探偵事務所公式サイト

 

原一探偵事務所の口コミ

 

20代女性
父親がいないので、私は夜の仕事をしています。それがクラスメイトからいじめられる原因になりました。毎日上の空で、学校へ行く足取りも思いので、何かあるのではと思い原一探偵事務所さんに調査を頼んだのです。

「将来はお前も水商売するんだろ」と休み時間にいじめられていたようです。職業に貴賤はないと、普通なら親が教育をするもの。親が親なら子も子だな、そう言いたくはありませんが相手の開き直る態度に腹立ちを隠せません。

平行線ですが、子供を守るために断固戦うつもりです。アドバイスを頂き助かりました。事務所の発展をお祈りします。

 

30代女性
スーパーから電話があった時は、「我が子が万引き?!」と頭が真っ白に。ところが店長から話を聞くと「万引きしないと仲間に入れてやらない」と脅されていたようです。その子達は逃げてしまって解らずじまい。

子供もクラスメイトの名前を言いません。店長さんが「いじめかも知れないですよ」の言葉に、原一探偵事務所に調査を依頼しました。帰りにランドセルを持たせたり、蹴ったり・・・酷いものでした。

証拠の写真も頂き、相手の親御さんと学校を挟んで話し合いをしています。悪質ないじめは犯罪にも繋がります。勇気を持って告発すべきだと思っています。

 

最初は探偵と聞く敷居が高い、いじめに探偵なんて大げさ料金が高いなんて先入観を持たれてる人が非常に多いと思います。

ですが実際に無料相談してみると同じ目線で親身になって話を聞いてもらえ、相談して良かったという意見が殆どでした。

 

そして息子を守りたいという母親の相談が「いじめによる自殺」「学校でのいじめ」「担任によるいじめ」など不祥事が起こるたびに相談が多くなるそうです。

 

それだけ子供がいじめに遭っているのでは無いかと不安に思っている人が多いなど思います。

 

原一探偵事務所は全国に18拠点有り日本全国の対応可能です。そしていじめ調査実績も豊富です。

先入観で相談を迷っているのであれば、子どもの為にすぐに行動して下さい。

 

 

>>>原一探偵事務所無料相談はこちら

 

 

あなたが一番望んでいる子供の笑顔の為に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。