藤代南中学校いじめ事件逮捕で名前公開も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2015年11月茨城県取手市立藤代南中学校に通う中学年生の中島菜保子さんが自宅で自殺しました。

 

15歳という若さでした。

 

原因はいじめです。しかし取手市の教育委員会はしっかりと調査したとした上で「いじめは無かった」と判断しました。

 

皆さん考えられますか?

正直逮捕者が出てもおかしくない事件だと思います。

 

中島菜保子さんが書いていた日記などにいじめ遭っているという記述やスカートに入っていたメモ紙に中傷する内容など証拠があるにも関わらず、いじめは無かった。

 

信じられませんよね。

 

今回は自ら命を絶ってしまった藤代南中学校3年生だった中島菜保子さんに起きた事件を書いて行きます。

 

藤代南中学校、中島菜保子さんいじめ事件

2015年11月茨城県取手市立藤代南中学校3年中島菜保子さが自宅で自殺しました。

 

中島菜保子さんは、加害生徒に学校で「くさや」と呼ばれたり、耳打ちされたりしていた。

 

そして中島菜保子さんの残した日記には

「いじめられたくない。(ひとり)ぼっちはいやだ」「お願いだから、耳打ちはやめて」

「毎日が怖い」

「死にたい」

などと書かれていました。

 

中島菜保子さんのスカートのポケットにはスカートのポケットからは「くさや」と書かれたメモが見つかった。

 

中島菜保子さんは連日のように加害生徒より休み時間にトイレに呼び出されわざと授業に遅刻させる。

 

表に出てるだけでこれだけのいじめに対しての事実が分かっています。

 

藤代南中学校、中島菜保子さんいじめ事件

それに対して取手市教育委員会は藤代南中学校に全校アンケートを実施。

 

それに伴い、中島菜保子さんの自殺はいじめによるものではないと判断しました。

 

そして中島菜保子さんのご両親に家庭での教育に問題があったのではないかと聴き取り調査を行ったとのこと。

 

最終的に取手市教育委員会は今回の中島菜保子さん自殺はいじめによるものではないと正式に決議しました。

 

これには被害者の中島菜保子さんのご両親も納得いきませんよね。

 

いじめの証拠や証言があるにも関わらず、担任、学校、教育委員会がいじめの事実は無かったと言ったんですから。

 

教師、学校、教育委員会って何?

 

という気持ちになるんもは当然ですよね。

中島菜保子さんのご両親はもちろん納得いくわけにもいかず、文部科学省に取手市の第三者委員会による第三者委員会の調査中止を要請。

 

そして、取手市の教育委員会はまさかの行動にでました。

*驚きの行動はこちらです。

 

藤代南中学校の加害者名前公表逮捕の可能性

過去のいじめ事件についてまわるのが少年法があります。

 

今回の藤代南中学校のいじめに関しても名前の公表や逮捕は難しいのではないでしょうか。

 

少年法に守られている加害者の名前。

 

なぜか被害者や遺族は公開される名前。

 

いじめ事件が起きるたびに少年法改正は話題に出ますよね。

 

でも名前を公表したからと言って加害者も同じ15歳なので罪に対してどう向き合っていくのかが課題です。

 

藤代南中学校の加害者名前公表や逮捕の可能性~まとめ~

今回の藤代南中学校いじめ事件。最悪の結果になってしまいました。そして担任、学校、教育委員会の事件後の対応が明るみになりまだまだ隠ぺい体質は改善されていないことがわかりました。

 

人の命の自分の利益。

 

どちらが大事なのか。

 

子供でもわかると思うんですが・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。