藤代南中学校いじめ事件はやはり隠蔽されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2015年11月茨城県取手市立藤代南中学校で同校に通う当時中学3年生の中島菜保子さんが自宅で自殺しました。

 

中島菜保子さんの自殺に関して中島菜保子さんが書いた日記や同級生の証言によりいじめによる事件ということが分かりました。

しかし教師、学校、教育委員会などはまさかの結果を公表したんです。

 

藤代南中学校いじめ事件の実態と教師、学校、教育委員会について書いてきます。

本当にありえません。

 

藤代南中学校いじめ事件

2015年11月茨城県取手市立藤代南中学校3年中島菜保子さが自宅で自殺しました。

中島菜保子さんは、加害生徒に学校で「くさや」と呼ばれたり、耳打ちされたりしていた。

 

そして中島菜保子さんの残した日記には

「いじめられたくない。(ひとり)ぼっちはいやだ」「お願いだから、耳打ちはやめて」

「毎日が怖い」

「死にたい」

などと書かれていました。

 

中島菜保子さんのスカートのポケットにはスカートのポケットからは「くさや」と書かれたメモが見つかった。

 

中島菜保子さんは連日のように加害生徒より休み時間にトイレに呼び出されわざと授業に遅刻させる。

 

藤代南中学校いじめ事件ネットの反応

いじめ事件

 

本当にいじめの関する事件は無くなりませんよね。

 

今回の教師、学校、教育委員会の隠ぺい体質に原因があると思います。
今回の事件での教育委員会の驚愕な対応はこちら

 

毎月のようにいじめ事件がメディアで放送されています。

今、この時もどこかでいじめが行われているかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。